ご依頼・ご相談別-不起訴にしてほしい

犯罪の嫌疑をかけられて刑事事件になってしまった場合には、「不起訴処分」を獲得することが非常に重要となってきます。

不起訴処分になると、早期に身柄を釈放してもらうことができますし、刑事裁判にならないので、確実に有罪判決を避けることができるからです。

今回は、不起訴処分の重要性と、不起訴を獲得する方法について、虎ノ門法律経済事務所の弁護士が解説します。

 

1.不起訴処分が重要な理由

不起訴処分とは、被疑者の最終処分について、検察官が起訴しない決定をすることです。不起訴処分を受けた場合には、刑事裁判になることがありません。

日本の刑事裁判では、99.9%以上が有罪になり、有罪になると、一生消えない前科がついてしまいます。ここで、不起訴処分になると、そもそも刑事裁判にならないので、確実に有罪判決を避けることができるので、メリットが非常に大きいのです。

また、不起訴処分になると、それ以上身柄拘束する理由がなくなるので、勾留されている状態の場合、即時に身柄を解放してもらうことができます。

以上により、逮捕された場合はもちろんのこと、逮捕されていないケース(在宅捜査のケース)においても、前科を避けるために不起訴処分を獲得することが非常に重要となってきます。

 

2.不起訴処分を獲得する方法

それでは、刑事事件になったときに不起訴処分をしてもらうには、どのような対応をとったら良いのでしょうか?

 

2-1.被害者がいる犯罪のケース

被害者がいる犯罪の場合には、被害者との示談を進めることが非常に有用です。暴行や痴漢、盗撮や万引きなどの軽めの事件の場合、被害者と示談が成立すると、ほとんど確実に不起訴処分にしてもらうことができるからです。

ただし、被疑者やその家族が自分たちで示談交渉を進めることは難しいものです。被害者の連絡先がわからないことも多いですし、被害者が示談に応じない可能性も高くなってしまいます。そこで、示談を進めるためには、当初から弁護士に対応を依頼する必要があります。

 

2-2.被害者がいない犯罪のケース

被害者がいない犯罪のケースでは、被疑者がしっかり反省していることを示し、家族や職場の雇用者による監督が期待できること、贖罪寄付を利用することなどにより、各種の情状を良くする必要があります。

弁護士が検察官に意見書を出すことも効果的です。

 

3.不起訴処分を獲得するため、お早めにご相談下さい

不起訴処分獲得により、被疑者が受ける数々のデメリットを避けるためには、弁護士に対応を依頼する必要性が高いです。虎ノ門法律経済事務所でも、各種の犯罪で不起訴処分を獲得してきた実績があります。お困りの場合には、是非ともお早めにご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー